ハルミデザインズ

新素材解説
UR+
UR
ゴムのメリット


(旧素材)                    (新素材)

他社に多いシリコン製
有機ケイ素ポリマーで
精巧な肌が簡単に作れ
見た目には良くみえる
が隠れた欠点が多い


 
弊社新素材の場合
UR+

トリレンディアイソサイアネートという
石油から作られる高分子化合物
注型多孔性精密URと呼ばれる

 
 ゴムのまま成形されるので
重量が重くなる


経験者によると「冷凍マグロを抱いている感じ」だと

注型時にCO発泡をさせる
ので適度に軽くなる

人形には適正重量があります


(セメント一袋=25kg)


冷たい!
ゴムの冷感がそのまま伝わるし
オイルでベタベタするし頻繁に風呂にいれるのが面倒
 温かい!
超多孔性なので暖感がある

気持ちよいサラサラ感で手入れ不要の便利さ
 シリコンの寿命は半永久
なので不要になったら
処分に困る

UR+
焼却可能です

ゴミ処理場で処理できます
 
 シリコンは投棄不可です

粗大ゴミで申請する義務があり、届出が必要になります。  
不法投棄は処罰されます

代表的な製品


マットレスも、適法に焼却できます
ウレタンコンドーム(岡本理研)
で余りにも有名な丈夫さ

 修復は高額になります 透明ゴム糊で修復可能です。 
   
 眺めて楽しむにはいいが
頻繁に全身を風呂で洗う
のが面倒
安心してガンガン使え
実戦用に最適 

BACK

Copyright(C) 2000 Harumi-designs All Rights Reserved.